【2021年版】仕組債の結果まとめ

こんにちは。ニクです。

2021年1月に初めての契約を行った仕組債ですが、自身の記録のために記事として残していきます。

仕組債のルール

そもそも仕組債のルールを知らなければ、条件を見ても何がなんだかわからないはず。仕組債はその名の通り、随所に仕組みがたっぷり詰まった商品です。

仕組債(EB債)とは

1回の契約に対し、選定される銘柄は米国株の3銘柄。
対象銘柄の株価が上がれば利益、下がれば損失を被る可能性が出てきます。

仕組債の利益は非常に高く設定されており、投資額の120%以上を受け取ることができるため500万円を投資した場合には1か月や2か月の短期間運用で100万円以上の利益を得ることができます。

これだけのリターンがあるのですから、勿論リスクも高い商品です。
株価が下がれば満期時に塩漬け株が戻ってくるため、大きな損失が出るリスクがあります。

ハイリスク、ハイリターンの商品特性を十分に理解した上で上手く付き合うべきでしょう。
失ってはいけないお金で運用するのは非常に危険です。

早期償還と満期償還

仮に1/1に運用開始した3か月満期の仕組債があるとします。
この場合、2/1と3/1が早期償還判定日、4/1が満期償還日となります。

早期償還判定日」に株価が決められた価格以上だった場合は、投資額×120%程度の利益を受け取ることができます。

また、早期償還にはステップダウンというスキームが取り入れられることが多く、2回目の早期償還判定日には決められた価格が数%下がり、早期償還しやすくなっています。

早期償還とならず「満期償還日」まで運用が継続された場合、投資額がそのまま戻ります。(利子がつくタイプの商品であれば利子が入ります)

ノックインというリスク

ここまでだと仕組債のリスクはないように思えますが、そうはいきません(;’∀’)
ノックイン」という元本割れが生じるリスクがしっかりと用意されています。

あらかじめ定められたノックイン価格(契約時株価の6割程度)まで株価が下がり、そのまま株価が回復することなく満期を迎えると現金ではなく塩漬け株という形で戻ります。

コロナショックのような株価がV字回復するようなケースでは、ノックインしたものの翌月に早期償還となり利益を得ることが可能ですが、リーマンショックのような株価が継続して落ちていくような相場では塩漬け株という形で返還されます。

2021年1月7日契約分

仕組債の運用額は最低500万からだったため、まずは500万で初回の仕組債契約となりました。

1月の相場状況が非常に良く、ノックインする危険性を一切感じないまま無事に2021/2/7に早期償還判定となり、税引き後993,610円の利益を得ることが出来ました。

運用開始日 2021/1/7
満期償還日 2021/4/7(3ヵ月)
対象株式 対象銘柄 当初価格 ノックイン価格
$TSLA 622.77 USD 373.66 USD
$MRNA 137.03 USD 82.22 USD
$NIO 44.67 USD 26.80 USD
利率(税引前) 年率 0.10% (年率:30/360 unadjusted)
早期償還条項 全ての対象株式の評価価格が早期償還判定価格以上であった場合、
投資額×124.93%で償還
ステップダウン 当初価格の85%

2021年2月25日契約分

1月分の利益を乗っけて、600万円での運用です。
運用開始日は2/25ですが株の買い付けは2/8に行われています。

買い付けから運用開始までに金利上昇に伴うナスダックの下落が始まり、あわや開始日前にノックインしかけるというハラハラドキドキの展開となりました。

その後ノックインしたため、3/18か4/19に早期償還となるか、あるいは5/18の満額償還がクリアできないと塩漬け株という形で償還されることになります。

3/18の早期償還は望めそうにないため、4/19に早期償還するよう祈りを捧げます(笑)

運用開始日 2021/2/25
満期償還日 2021/5/25(3ヵ月)
対象株式 対象銘柄 当初価格 ノックイン価格
$PLUG 66.19 USD 39.71 USD
$JMIA 61.28 USD 36.77 USD
$ZM 410.81 USD 246.49 USD
利率(税引前) 年率 11.25% (年率:30/360 unadjusted)
早期償還条項 全ての対象株式の評価価格が早期償還判定価格以上であった場合、
投資額×120.00%で償還
ステップダウン 当初価格の80%
▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA