WordPressの日本語URLには注意!英数字にすべし!

こんにちは。ニクです。

WordPressで日本語を英数字に置き換えるべき箇所をみていきましょう。

パーマリンクの日本語

WordPressで日本語タイトルをつけると、下記のように「パーマリンク」が日本語になってしまいます。
このまま公開しては絶対にダメ。

なぜ日本語URLではダメなのかというと表示される時にはUTF-8形式に自動変換が行われ、下記のようにとてつもなく長い、そして読めない、打てないURLとなってしまうためです。

登録した日本語URL:
https://nikulog.com/WordPressの日本語URLには注意!英数字にすべし!

UTF-8形式にエンコードされた日本語URL:https://nikulog.com/2FWordPress%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9EURL%E3%81%AB%E3%81%AF%E6%B3%A8%E6%84%8F%EF%BC%81%E8%8B%B1%E6%95%B0%E5%AD%97%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%97%EF%BC%81

これを防ぐため、下記のようにパーマリンクは必ず英数字、ハイフンで登録しましょう。

ニクの補足
パーマリンクにはハイフン(-)以外にアンダーバー(_)も指定できます。どちらを使うべきかはSEOを基準にすべきでしょう。サーチコンソールにある「シンプルな URL 構造を維持する」には例でハイフン(-)が使用されています。したがって、ハイフンで統一するのがいいでしょう。
日本語URLを使うと、sitemap.xmlの中もUTF-8形式のURLだらけになって、人間にはもはや何がどこにあるのかさっぱりな状態になるよ

ニク

カテゴリの日本語

カテゴリもパーマリンクと同じです。
投稿画面の「カテゴリー」から新しいカテゴリ「テスト」を登録してみます。

WordPressの左メニューの投稿>カテゴリを開きます。
登録した新しいカテゴリ「テスト」は下記のように「スラッグ」が「テスト」という日本語で登録されています。

このままでは、カテゴリも日本語URLとなってしまいますので、下記のように編集画面から「スラッグ」を英数字とハイフンに置き換えます。

ニク

WordPressでも右記のように記載されています。「“スラッグ” は URL に適した形式の名前です。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。」

この変更により、「https://nikulog.com/category/テスト/」ではなく、「https://nikulog.com/category/test/」というURLに変更されました。

タグの日本語

タグも全く同じです。
SEOに効果的とされるタグを投稿画面からどんどん新しく追加していませんか?

投稿>タグ画面を開くと今まで登録したタグの一覧が表示されます。

「スラッグ」が日本語になっているタグはすべて英数字、ハイフンに置き換えておきましょう。

置き換えた後は必ず301リダイレクト設定を行う

パーマリンクやスラッグを日本語から英数字に置き換えたら、忘れずに301リダイレクト設定を行う必要があります。

名称変更により、URLが別物となるため、旧URLにアクセスされるとページがありませんよという404エラー表示になってしまうためです。

301リダイレクト設定とは、住所変更届のようなものです。
これを忘れると旧URLと新URLが別物として捉えられ、Googleでの検索順位を落とすことに繋がります。

301リダイレクト設定の方法

301リダイレクト設定の方法はいくつもあるのですが、Wordpressには便利なプラグイン「Simple 301 Redirects」がありますので、こちらを使用します。

「プラグインを追加」画面で「Simple 301 Redirects」を検索し、インストール⇒有効化を行います。

ニクはすでにインストールしているため、「有効」になっています。すでに301リダイレクト設定をしているので削除できず…すみません。

ニク

有効化したら、左メニューの「設定」から「301 Redirects」を開きます。

「301 Redirects」画面が開いたら、左に旧URL(相対パス)、右に新URL(絶対パス)を指定します
相対パスで登録する旧URLには「https://nikulog.com」が不要です。

設定例

左のフォーム(旧URL):/category/雑学/
右のフォーム(新URL):https://nikulog.com/category/trivia/

上記のように指定すると「https://nikulog.com/category/雑学/」にアクセスした人を「https://nikulog.com/category/trivia/」に飛ばすことができます(^^)/

指定が完了したら、旧URLにアクセスしてみましょう。
新URLにリダイレクト(飛ばされる)されたら、成功です!

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA