【FX業者比較】ドル円(USD/JPY)のスワップポイント

こんにちは。ニクです。

スワップポイント投資で人気のドル円。
通貨として安定していることもあり、105円を割ったら買いなどのルールで運用されている方も多いのではないでしょうか。

ドル円のスワップポイント

スワップポイントとは、通貨の金利差で生じる損益です。

ドル円を買うということは、米ドルを買って日本円を売ることになります。

アメリカの政策金利は0.25%、日本の政策金利は-0.10%なので、この二カ国間の金利差0.35%を毎日スワップポイントとして受け取ります。

逆にドル円の売りポジションを日をまたいで持ち越すと、二カ国間の金利差0.35%を支払う必要があります。

ドル円のスワップポイント一覧

各FX業者の1万通貨当たりのスワップポイントです(2020/10/23更新)

業者 スワップポイント スプレッド 取引単位 備考
買い 売り

SBI FXトレード
9円 -13円 0.17銭 1通貨 原則固定

GMOクリック証券
7円 -10円 0.2銭 10,000通貨 原則固定

DMM FX
7円 -10円 0.2銭 10,000通貨 原則固定

みんなのFX
7円 -9円 0.2銭 1,000通貨 原則固定

LIGHT FX
7円 -9円 0.2銭 1,000通貨 原則固定

YJFX!
7円 -22円 0.1銭 1,000通貨 原則固定

セントラル短資FX
10円 -95円 0.2銭 1,000通貨 原則固定

外為オンライン
5円 -36円 1.0銭 1,000通貨 原則固定

FXプライムbyGMO
3円 -15円 0.3銭 1,000通貨 原則固定

トライオートFX
4円 -34円 0.1銭 1,000通貨 原則固定

ヒロセ通商
2円 -83円 0.2銭 1,000通貨 原則固定
▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA