トライオートFXのビルダー機能でEUR/AUDのショートを仕掛けるの巻

こんにちは。ライオンキングにハマったニクです。

今回は、インヴァスト証券から2019年7月20日にリリースされたばかりの新機能ビルダーを利用してトライオートFX を運用する方法について、ご案内していきます(^^)/

ビルダー機能とは自分で考えたオリジナルの設定で自動売買をすることができる機能です。

ニク

これまでのトライオートFXの運用について

一番人気のセレクトである「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」の取引を半年ほど行いましたが、利益が大きいものの含み損も大きいという結果となり取引を停止しました。

ビルダー機能を活かしての運用開始

トライオートFXから資金も引き上げ、もう利用することはないかな…と思っていたそんな折、ビルダー機能がリリースされ、自分で考えた設定は利益が出るのでは?という検証を行い、検証上は利益が…( ゚Д゚)

そのため、7月30日から実際に稼働を開始しました。
ニクの投資方針はいけるかも?と思ったら、即実行。
ダメだと思ったら、即撤退。

2019年8月の取引実績

取引の結果はと言いますと…

8月1日~8月22日までの期間で41,590円の利益
投資金額は70万で、8月15日までの期間はわずか1,000通貨での取引です。

1,000通貨取引だということを考えると、70万はちょっと多い証拠金です。
実際には仕掛けたレンジの端から端まで一直線に動くことはないので、30万円あれば足りる計算です。(アクティブ型は30万、ゆったり投資なら70万)

それにしても、すごい利回り…( ゚Д゚)
タイミング的にAUDが暴れまくったタイミングだったので、余計に稼ぐことができたというのはあるかと思いますが…

8月16日以降は一部を2,000通貨、残りを3,000通貨取引に変更しました。
今後はさらに利回りの拡大を狙っていきます。

AUDの動きがちょうど激しかったこともあり、1,000通貨取引とは思えない利益額となりました。利益幅の設定値が小さいこともあり、約定頻度も多くて約定通知が来るたびににんまりです。

ニク

ニクが実際にしている取引設定

これは…公開するのも恥ずかしいくらいの単純な設定です(笑)

設定は①と②に分かれています。
というのも、これまでの想定から超えて上昇したため、設定②は後から追加したためです。

設定①

通貨ペア:EUR/AUD
売買:売り
レンジ幅:400pips
本数:40本
数量:1,000(現在は一部を2,000もしくは3,000に変更済み)
スタート価格:1.6
利益幅・カウンター値:デフォルト

設定②

通貨ペア:EUR/AUD
売買:売り
レンジ幅:300pips
本数:30本
数量:1,000(現在は3,000に変更済み)
スタート価格:1.639
利益幅・カウンター値:デフォルト

この設定のメリット

数ある通貨ペアの中からEUR/AUDのショート(売り)を選択した理由は、下記の二点です。

  • ある一定の価格帯でレンジを形成(上下)している
  • スワップポイントが受け取れる

特に重要視したのが、スワップポイント。
これまでトラリピなどの他の自動売買も利用してきましたが、保有しているだけでスワップポイントがマイナスになると精神的に地味にきつい( ゚Д゚)

自動売買では、利確するまで長期間ポジションを保有し続けることも少なくありません。
保有し続けている間、スワップポイントが受け取れるのか、スワップポイントを取られるのかは大きな違いです。

ニクlog限定のタイアップ

当ブログからトライオートFXの口座開設&1万通貨以上の取引をすると、Amazonギフト券2,000円分のプレゼントが貰えます(^^)/

トライオートFXでは取引する商品(種別)を選ぶだけでいいという「セレクト」という商品が一番人気ですが、正直、初心者向けではないと思いました。
資金力があり、忍耐力がある方向けです。

ニクは今回ご紹介するビルダー機能を使い、「EUR/AUD」の通貨ペア運用をおすすめします。

トライオートFX

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA